慌てすぎましたか…

今回は「おりざの食卓」初めての試み。

 

NPO法人アスイクさんにご協力を

お願いして、月に1回、アスイクさんで

勉強している中学生たちにご飯を

食べてもらうことにしたのです。

 

アスイクさんでの勉強後なので、始まりは

19時過ぎから。

 

いつもより2時間遅く集まり、いざ、調理開始!

 

 

 

…と思いきや、水道が出ません。

 

 

先日の大寒波です。

 

水道管が凍ったんです。

 

 

普段、こんなことがあまりないので、

水道にお湯をかけてみたり、外に出て

水道管らしきところにお湯をかけてみたり。

 

でも出ないのです。

 

どうしよう、このままだと調理できない(T_T)

 

慌てていると、

 

「あったよ~、大丈夫!」の声。

 

洗面所に自動水抜栓操作盤がありました!

 

 

 

よかった、これで調理できます。

今回は調理主任がいないので、

早めに料理したかったのです。

 

無事調理開始。

 

ところが、調理を始めてから、

こんな不安が…。

 

 

この量で、足りるかな?

 

今来てくれている中学生は、

毎回すごくお代わりする子も、

少食の子もいます。

 

もし、たくさん食べる子ばかりだったら、

この量で大丈夫だろうか…?

 

 

お代わりないよりは、多めに作った方が

いいよね、ということになり、急きょ、

予定の1.5倍量を作ることに。

 

 

 

大鍋2つでけんちん汁を作りました。

さらに前回使った車麩の在庫でフライと

ご寄付のみかん、料理教室のレタスも足して 

こんな献立に。

途中、調味料を1.5倍にし忘れて足したり、

青菜のおかか和えにごま油を加えて

ボリュームアップしたり、バタバタ。

 

 

 

出汁も大量にとったので、

 

ふりかけもすごい量に。

 

 

 

ほぼ調理が終わり、春巻きは揚げたてが

いいね、と休憩を入れてから春巻きを

 揚げ始めたとき…

 

 

 

ピンポ~ン!

 

あ、いらっしゃった!!(@。@)

 

考えていたより20分くらい早くみなさん到着。

 

まだ盛り付け終わっていません。

春巻き揚がっていません。

 

ということで、皆さんにもお手伝いをお願い

してしまいました(^^;)

 

おひたしを混ぜたり、盛り付け、配膳も

お手伝いしていただき、本当に助かりました。

 

 

無事、みんなでいただきます。

 

 

 

 

 

 

代表の佐藤が今日のメニュー、

けんちん汁の由来や、なぜネギや

ニンニクを使わないかを話しました。

勉強になりました、

美味しかったです、と言われて、

一安心。

 

おかずもお代わりしてもらって、

ちょうどよいくらい。

 

お代わりあるよ~、とすごく言ったので

気を使ってくれたのか、晩御飯を食べてきて

お腹いっぱいのはずなのにお代わりしてくれる子も。

 

本当にありがとう。

 

お試しおりざ、来月も開きます。

 

良かったら、通常の「おりざの食卓」にも

来てくれるといいな。